Pohala

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスの原点は、オーストラリアの先住民であるアボリジニの伝承療法であると言われています。
彼らは不調を感じると、原生林に入って行き自分に必要な花と対峙し、その花の上にある朝陽をいっぱに浴びた朝露を飲んだり、スチームサウナのようにして使い、心と身体を癒してきました。

その自然療法が1930年代、イギリスの医師(細菌学者でもあった)である、エドワード・バッチ博士よって体系化されたのが最初になります。(バッチ・フラワーレメディ)

フラワーエッセンスとは、花や植物などの繊細なエネルギーを水に転写して瓶詰めしたものです。

つまり、フラワーエッセンスには成分は存在せず、そこに入っているのは水と保存料のみ。

そのため、物理的な影響を受けないので、禁忌事項がなく、他のどの療法とも併用していただくことができます。

副作用や習慣性がなく、赤ちゃんから高齢者の方、動物・植物にも使っていただける安心・安全な自然療法です。


現在、フラワーエッセンスは世界60ヶ国以上で使われている自然療法で、世界各地の作り手によって製造されています。

特にヨーロッパなどの海外ではよく知られていて、ドラッグストアやスーパーマーケットでも販売されていて、たいへん身近な自然療法として親しまれています。

薬局で処方される国や、処方に際して保険適応されている国もあります。

最近では、ハリウッドスターやプロスポーツ選手、モデルなどが使用して、雑誌に取り上げられることも増えてきました。

 

フラワーエッセンスは医薬品と違って、身体的な病気や症状に直接作用するものではありません。

花の持つ繊細なエネルギーが乱れた感情に働きかけ、心のバランスを取り戻して自然治癒力をもたらし、心身を健康に導いてくれます。

それぞれの方の状態にふさわしいエッセンスをとることで、心身の健康を取り戻す手助けになります。

その考え方の根本は、『自分らしくない状態から、本来の自分らしい状態に戻すことが治癒をもたらす』というもので、自分らしい状態に戻るために、花の持つ癒しのエネルギーを利用するのが、フラワーエッセンスの考え方です。

ホールフーズマーケット
ロンドンの老舗薬局 ネルソンファーマシー

CONTACT

オンラインショップはこちら

MOBILE SITE

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP